魚の目の痛みを取り除く治療法

魚の目の正しい治療方法

病院に行かなくても良い方法

みなさんは、魚の目という症状を知っていますか。
特に足に現れる症状で、皮膚を守る角質が厚くなることです。
すると周囲の皮膚を刺激するので、痛みを感じます。
魚の目になると、中央に芯ができます。
似たような症状に、タコという症状があります。
タコの場合は、痛みを感じている部分を削れば症状が緩和されます。
しかし魚の目の場合は、削っても痛みがなくなりません。
まずは自分の足に起こっている症状が、魚の目なのかタコなのか判断しましょう。

治療する時は、ドラッグストアで専用の薬を購入しましょう。
正しく使っていれば、2週間前後で魚の目の芯が取れます。
魚の目の大きさには、個人差があります。
かなり大きくなってしまった場合は、市販の薬だけで対応することができないかもしれません。
また痛みを感じてどうすることもできないという場合は、病院へ行って治療してもらいましょう。
魚の目の治療をする場合は、メスやレーザーで芯を取り除きます。
皮膚科に行くと、治療してもらえるでしょう。

いつか痛みがなくなると考えて、痛みを我慢することはしないでください。
魚の目がだんだん大きくなって、それに伴い痛みも大きくなってしまうことが考えられます。
また足の裏にできることが多いので、歩くたびに激痛を感じる人もいます。
歩けなくなったら大変なので、魚の目ができたことに気づいたらすぐ治療する意識を持ってください。
早期治療を心がけると、跡も残らず綺麗に治療できます。