任意整理の手順と注意点

債務整理の手続きの一つである任意整理は、融資を受けている消費者金融やクレジットカード会社などと交渉をすることにより、返済負担を軽くするという手続きです。任意整理については、裁判手続きを必要としないということもあり、選択する人が多くなっています。手続きについては、債務者本人が行うことも出来ますが、弁護士や司法書士に依頼するのが一般的です。
任意整理の弁護士や司法書士に任意整理を依頼する場合の手順としては、まず弁護士や司法書士と契約を結びます。契約書には、手続きをする債権者についての情報、手続きに必要となる金額、支払い方法などが記載されており、契約をした時点で着手金を支払うことになります。
弁護士と契約を結ぶと、弁護士と債権者との交渉が始まります。その主な手順としては、まず弁護士は債権者に対して受任通知という物を出します。これにより、借金の支払いの督促が債務者にいくことはなくなります。そして、これまでの取引明細書を確認しながら、利息制限法による計算を行い、支払う必要のある金額を算出します。算出された金額を基準にし、これからの返済額・返済期間についての和解案の作成、和解することが出来れば、合意書を作成し、毎月決められた金額を返済していくことになります。
任意整理を行う上での注意点としては、借金が無くなるというわけではないということです。その為、安定した収入を得ることが出来ていない、借金額が高額である場合には、必ずしも適している手続きであるとは言えません。

Comments are closed.