総量規制対象外のローンのメリットとは?

総量規制という規制は、消費者金融などの貸金業者を対象としています。その内容は、借入の申込者の年収の3分の1以上の借入を制限するというものです。つまり、年収の3分の1以上の金額は借りることが出来ないということです。これは、1社ごとではなく、借入総額となります。そのため、年収が低いもしくは収入がないという人は融資を受けることが出来ないということになります。
そこで、そのような人におすすめなのが総量規制と言われているものではない融資である、銀行などの金融機関のカードローンです。総量規制対象外ですので、年収の3分の1以上の融資を受けることが出来ますし、自身に収入のない専業主婦でも配偶者に安定した収入があるという場合には、融資を受けることが出来ます。また、銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が低く設定されていることもあり、同じ金額を借り入れた場合でも、返済総額を比べてみると大きな差となってあらわれてくる可能性があります。以前は、銀行のカードローンというと、審査が遅いというイメージがありましたが、最近では申し込んだその日の内に、審査結果を得ることが出来る場合や融資を受けることが出来る場合もありますので、お金が必要という時にもすぐに利用することが出来ます。
銀行や希望融資額にもよりますが、本人確認書類のみで申し込みをすることが出来ることがほとんどです。別途収入証明書を用意する必要がありませんので、気軽に申し込みをすることが出来ます。

Comments are closed.