魚の目の痛みを取り除く治療法

魚の目の正しい治療方法

根本的な治療をしよう

なぜ魚の目ができるのか

どうして魚の目ができるのでしょうか。
原因を知ることで、予防することができます。
魚の目になったら激しい痛みを感じるので、誰でも嫌だと思います。
足の裏の、ある一定の場所に刺激が与えられることが主な原因だと言われています。
開張足や外反母趾になっていると、限られた部分に刺激が溜まりやすいです。
これまでに何度も魚の目を経験している人は、自分の足を調べてください。

開張足や外反母趾になっている可能性が高いです。
整形外科に行くと、骨格や筋肉を調べながら正常が足になるよう治療してくれます。
何度も魚の目になって痛い思いをするのは嫌でしょうから、足が正常な形になるよう相談しましょう。
その方が治療費も安く済むと思います。

歩き方などに問題がある

魚の目になりやすい人は、歩き方を気にしてください。
変な歩き方になっていると、足の裏に与えられる刺激が偏ります。
すると魚の目になって痛みを感じるので、正しい歩き方を知ってください。
すでに魚の目になっている時も、正しい歩き方をすれば刺激が少なくなるので、痛みを軽減できます。

たくさんの刺激を与えると、魚の目は悪化していきます。
静かに歩くと、刺激が少なくなります。
走ると刺激が大きくなるので、魚の目ができている時はなるべく走らないでください。
足の裏の骨や筋肉が原因で、歩き方が変になっている可能性があります。
自分でどこを改善すれば良いのか分からない場合は、医師に相談してください。
その場合も整形外科で大丈夫です。


このコラムをシェアする