閉じる

キャバ嬢にカモにされてしまうお客さんの特徴

キャバ嬢はお客さんのことをタイプ別で分けています。例えばお金をたくさん使ってくれるお金持ちの人は「太客」、逆に毎回ケチケチと遊んでくるお客さんは「細客」、お金の使い方に関係なくキャバクラの遊び方を分かっていてくれるいいお客さんは「良客」・・・というような具合です。
そして今回ご紹介したいのが、キャバ嬢にとって都合の良い「カモ客」についてです。お客さんとしての好感度はそんなにないけど、自分の言うことを間に受けてくれるからいざという時も扱いやすい・・・カモ客はそんな風に思われています。

カモ客化してしまいやすいお客さんに特に多いのが、女性慣れしていない男性です。
女性慣れしていない男性は、キャバ嬢のいうことを素直に信じてしまいます。「○○さんのこと、好きになっちゃいそう」「○○さんの彼女になれる人は幸せなんだろうな」・・・そんな誰にでも言っているリップサービスを本気にしてしまうのです。
キャバ嬢のいうことは何でも真実だと思ってしまうため、キャバ嬢からしたらこれ以上カモ客にふさわしい人はいないくらいにいいカモなのです。

一回カモ客認定されてしまうと、キャバ嬢は自分にどんどんお金を使わせようとしてきます。ひどい子だと「母親が今度手術することになって・・・」などと平気で嘘をつき、プライベートでお金を貰おうとしてくるので注意しましょう。

キャバクラではこのようにキャバ嬢に主導権を握らせてしまったら好きなようにされてしまいます。キャバ嬢に主導権を握らせているようで実は自分が握っているというような遊び方ができるようになりたいですね。

© 2021 賢く楽しむキャバクラナビ【キャバ知識】 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free