閉じる

勘違い客にならないために・・・信用してはいけないキャバ嬢の発言

キャバ嬢はお客さんに夢を与える仕事なので、お客さんにある程度嘘をつくことがあります。
これはお客さんが抱いているキャバ嬢に対するイメージを壊さないためにつく優しい嘘で、多くのキャバ嬢はこうした嘘を上手く使って日々接客をしています。
しかし中にはよくない嘘を使うキャバ嬢もいます。こうしたよくない嘘を信じたお客さんはそのキャバ嬢にお金をたくさん使ったり、貢いだりしてしまうのです。

例えば「目標金額まで溜まってお店をやめたら付き合おう」というような言葉です。こういうことを言うキャバ嬢は最初から付き合う気なんてありません。
「付き合わないけどこのお客さんからはまだお金を使ってもらえる」という時にお客さんとの関係をつなげるためにつく嘘です。
この言葉を信じたお客さんはキャバ嬢にどんどんお金を使っていきます。しかしいざその子がお店をやめるといきなり音信不通になってしまうのです。

また「私のこと好きなら○○してよ」というような言葉も真面目に受け取ってはいけません。
「〇〇」の部分は大抵お金を使わせるようなことです。つまり「もっと自分にお金を貢げ」と言っているようなものなのです。

このようにお客さんのためにならない嘘をつくキャバ嬢もいます。
自分に不利益しかない要求ばかりされたり、自分の気持ちを逆手にとっているような発言をされたら一旦冷静になって考えてみましょう。
またそうした嘘をついて売り上げをだそうとしているキャバ嬢はいいキャバ嬢とは言えないので、早めに他の子へ切り替えることも考えてみてください。

© 2021 賢く楽しむキャバクラナビ【キャバ知識】 | WordPress テーマ: CrestaProject の Annina Free